ブックメーカーの魅力に取り憑かれた俺

どれだけ点数を入れたかや、何点以上になっているかなど、この中にも、もっと細分化された賭け方が あり、多様に準備されています。
後半の部分のみをその反対に、賭ける手法もあって、内容と前半は同じです。

 

後半と前半にサッカーは分かれていますが、前半の結果のみを「First half betting」は、賭ける手法です。
配当は勝率が高い分低く、倍率が低いのがこの賭け方となります。上記のドローの場合は「Draw no bet」は、返金されるタイプで、ホームが勝つか、アウェイが勝つかを決める単純明快な賭け方デス。

 

1つの試合にたいしブックメーカーでは、多くの賭けるポイントがあります。例えば、1試合にどれだけイエローカードが出たかを示すもの、勝敗だけにこだわった賭けなど実に多様です。そのオッズの代表的な部分をココでは、示していきます。

 

ともかく「3way」で、90分間の戦いでホームが勝つか、ドローか、アウェイが勝つかをコレは、当てる基本的賭け方のスタイルです。

 

代表的なものだけを取り上げても、このように、多様になっていることが理解できるとおもいます。
いわゆるもっともオーソドックスなものです。
数十種類という豊富な手法がこの他にもあります。
さらに、その種類もブックメーカーの企業ごとに変わってきますので、自分がきっと得意な手段がみつかるでしょう。

 

例えば3way (スリーウェイ)はホームとアウェイとのサッカーの試合の時間、90どちらが分間で勝つか、ドローになるかの3択による勝敗予想のオッズ。勝率は50%となり、オッズはそれだけに 相当低くなります。利益としては相当の資金を持っていないと、物足りない結果になるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ