ブックメーカーの魅力に取り憑かれた俺

チョット前は、プレミアリーグでの活躍選手として“ベッカム選手”が挙げられていましたが、今は“香川選手”という人が多いのではないでしょうか?
具体的には、はマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リヴァプールの4クラブ。
この4クラブのうち、アーセナル以外は外国人オーナーです。そのアーセナルのオーナーは英国籍であった一方、出場をしていた選手のほとんどが外国人だった、という場合もあったみたいです。
イングランドサッカーの懐の深さを感じた人もいるのではないでしょうか?
ところで、このプレミアリーグで頂点を狙ってしのぎを削りあっているクラブは4つ。
「プレミアリーグ」といえば、イングランドサッカーと返答する人が多いはずです。

 

余談になりますが、イングランドサッカーの最高峰のレベルのプレミアリーグの財政的基盤は1990年代から構築をし始めてたは放映権ビジネスの展開によりもたらされてるのです。

 

プレミアリーグは、イングランドサッカーの最高峰のレベルのリーグで20クラブ(チーム)あります。
この20クラブでけっこう思うのは、半分のチー ムのオーナーが外国人であること。更に意外なのは、オーナーが外国人でありながらも、所属をする大いくつもの選手が英国籍という事です。
なお、所属の選手が英国籍が多いのも珍しいこととも言えますが、モトモト英国籍の選手でない人が何人でも所属出来、出場できるというのも結構思うことでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ