ブックメーカーの魅力に取り憑かれた俺

発祥である競馬はもちろん、スポーツブック(ブックメーカー)の賭けの対象となるスポーツの種類は、ベテラン、アマ問わず、日々世界の様々な場所で開かれている全てのスポーツになります。

 

ホッケーも、北米のNHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)や、北欧のフィンランド、スウェーデン、ノルウェーなどのリーグがありますので、数多くのスポーツブックでは人気のスポーツです。

 

競技人口もサッカーは中でも多く、ヨーロッパチャンピオンズリーグ、イングランドプレミアリーグ、イタリアセリエA,B、スペインリーグ、ドイツブンデスリーガ、他、世界中の試合がカップ戦や国際試合などもスポーツブックの対象です。

 

NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)や、AFL(オージー・フットボール、オーストラリアン・フットボール)などがアメリカンフットボールで対象となります。

 

日本で人気の野球も、MLB(メジャーリーグベースボール)、日本熟練者野球、WBCやベネズエラリーグ(ワールドベースボールクラシック)などがスポーツブックの対象となります。

 

その他にバレーボール、テニス、ゴルフ、ボクシング、ラグビー、ハンドボール、バイアスロンやアルペンスキーなどのウィンタースポーツも、スポーツブックで扱われています。

 

ブックメーカーの賭けの対象は、元々競馬の賭けから始まったということもあり、スポーツの勝敗がメインデス。
ですので、「スポーツブック(SportsBook)」とスポーツでの賭けの事を言ったり、スポーツブックとブックメーカーそのもののことを呼んします。

 

バスケットボールはNBAが有名ですけど、世界の色々な場所のリーグがNCAA(全米大学バスケ)他にもあります。

 

また「スポーツブック」と謳っているブックメーカーでも、スポーツ以外の賭けを行っています。

 

毎年行われるアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞や、アメリカ大統領選挙もスポーツブックで賭けの対象となっているのです。

 

人は賭け事が好きなんですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ