ブックメーカーの魅力に取り憑かれた俺

1958年から1960年に行われた第1回大会からEURO本大会は、徐々にその規模を拡大してきた。
1954年6月から1955年11月まで大会はUEFAの初代事務局長を務めたフランス人のアンリ・ドロネーの提唱から誕生。
UEFA欧州選手権の創設にフランスは深くかかわってる。
8チーム、16チームと最初は4チームだったのが増え、UEFA加盟53カ国の半数近くに当たる24チームが次の大会では参加する事になる。
2014年9月からUEFAの加盟各国は、UEFA EURO 2016予選を開始。
組み合わせ抽選会が同年の春に行われる。
この際はホスト国であるフランスが、パルク・デ・プランスでチームの主将でエースだったミシェル・プラティニの活躍により、優勝杯を掲げた。
2015年末に本大会の組み合わせは確定。

 

ベルギー戦とユーゴスラビア戦でプラティニはハットトリックを含め、大会記録の9得点を挙げてる
自国開催の1998 FIFAワールドカップでもフランスはその後優勝。
EUROの本大会が4チームが参加した1960年のフランスでの本大会では、行われるのは、2016年大会で3度目となる。
UEFA EURO 2016ではFFFがUEFA、フランス政府、そして大会を各開催都市と協力して運営することになる。

 

2016年大会をフランス・サッカー協会は、ふたたび自国で行えることを誇りに思ってる。

 

ボルドー、ランス、リール、リヨン、マルセイユ、トゥールーズ、サンテティエンヌ、ニース、パリ、そしてサン・ドニの各開催都市がサッカーファミリーや各国の愛好家を迎えてる。
1984年にふたたび1960年のあとはフランスで開催。
7月10パリで日にソ連と4チームが参加をした1960年のフランスでの本大会では、ユーゴスラビアが決勝を戦った。

 

そして翌年夏、今大会のポーランドとウクライナがそうだったように、世界中の注目が世界最大のスポーツイベントの一つとされているEUROに集まることになる。


ホーム RSS購読 サイトマップ